待望の新型 軽キャン発表『Palm』パーム

2018/02/14

お知らせ

軽キャンパーただいまご検討中のお客様にスリーセブンより待望の軽キャン業界初?

を作製販売開始間近となります。軽キャン発表『Palm』パーム

内装家具、マットは6色(ブルー、レッド、グリーン、ベージュ、オレンジ、カーボン調)よりチョイス出来ます。

先日行われましたジャパンキャンピングカーショーでは、。多くのお客様より『おっ!いよいよ軽自動車にもリチウムイオンバッテリーがつくのが出てきたね』ってお言葉を頂きました。

まだまだメジャーではなく話題性に乏しかったのは事実です。(前宣伝不足)

ここでどんな所が大きく変わるのか?どんな所がいいのか?をご紹介したいと思います。

※リン酸リチウムイオンバッテリーって何?

リン酸鉄リチウムバッテリー
正極材料にリン酸鉄リチウムを使用した二次電池。(LiFePO4)
EV車への搭載で注目されている二次電池で、短絡や過熱等でも結晶構造が共有結合していることから酸素原子が離脱するのは困難であり、周囲温度500℃以上でも発火しません。
*携帯電話で使用しているリチウム電池はコバルト系であることから、発火の恐れがあります。

容量低減がほとんどなく、エネルギー密度が高いので鉛電池に比べ軽量
自己放電が1%/月と非常に低く、サイクル寿命が鉛電池の約10倍
充電可能容量が鉛電池の10倍。(充電時間が短い)
リン酸鉄リチウム電池は、発火の恐れがなく安心・安全

バッテリーマネージメントシステム(BMS)について
保護機能

過放電保護
1-2-1 放電停止
測定電圧値が過放電設定値に達した場合、制御ボード(MPU)が判断し、出力用インバータに対しアラー
ムを送出して放電停止動作を行います。
1-2-2 システム自動停止
放電停止設定電圧に達した場合、充電警告を鳴動し、充電が開始されない場合はシステムを自動停止
します。
過電流保護
検出電流値と遅延時間の組合せにより、保護動作を行 います。
・充電側過電流保護 : 制御ボードが判断し、充電をOFF するように制御する。
・放電側過電流保護 : 制御ボードが判断し、放電をOFF するように制御する。
温度保護
本体内検出温度値により、保護動作を行います。
放電時・充電時ともに温度警告表示後、設定温度に達した場合はシステムを自動停止します。
バッテリーマネージメントシステム(BMS)について